不動産投資用の日経平均への寄与度と株主優待

景況感の改善傾向が鮮明になる中において、日経平均株価の値動きにも熱い視線が注がれています。そんな中において、株主優待への注目度が大幅に高まってきています。株主優待とは、株主還元に向けた一つの取り組みであり、確定日と呼ばれる日に一定水準以上の株式を保有している株主に贈呈されるものです。この株主優待制度を導入している企業は多く、業種業態を問わずかなりの数にのぼっています。その中には、不動産投資用マンションなどの不動産投資用物件の販売を手掛ける会社も多く、連日のように多くの話題を集めています。この株主優待を導入するにあたっては、その会社の負担にもなるとして、導入に慎重な考えを持つ意見も多い中で、会社の存在感を高めるために、積極的に導入すべきという声も根強くあるのも事実といえます。日経平均の上昇の寄与度が大きい会社においても、導入をしている会社もあれば、していない会社もあり、その賛否は分かれています。不動産投資用物件を手掛ける会社においては、株主優待に、自社物件の購入代金の一部を減額サービスするという取り組みをしている会社もあり、多くの話題を集めています。このことについては、自社の販売促進にもつながるとして、期待がもたれているのです。不動産投資については、特に、昨今の景気拡大傾向を追い風にして、盛り上がりを見せていることから、日本人はもとより、外国人投資家からも熱い視線が注がれています。加えて、国内では高齢化社会の到来を受け、シニア世代の投資意欲が旺盛になっており、不動産投資を始めるといった人も増加傾向にあります。こうした動きと日経平均株価の変化の因果関係は不明な点もありますが、経済全体が盛り上がることは間違いないといえるでしょう。