桐谷さんは株主優待の達人

桐谷さんは、現金を使わないで株主優待を利用した生活スタイルで有名です。株主優待を無駄なく使うには、桐谷さん流の心得があります。その中でも生活をするのに欠かせないのが、食事です。桐谷さんは食事を株主優待を使って外で済ませています。外食株の株主優待食事券は、位置する店舗によって利用条件が異なるため、お得に使うためにはいくつかのポイントがあります。まず食事券を使う場合は、額面の刻みが小さいものが良いです。100円券と1000円券では、お釣りの出ない100円券がオススメです。例えば三光マーケティングフーズ(2762)では、1000円の食事券は「黄金の蔵」などの居酒屋チェーン店では問題なく使えます。しかし単価が安い「楽釜製麺所」で使うと十分に使い切れません。トリドール(3397)は100円券で「丸亀製麺の日」に使うと、釜揚げうどんが半額になり1杯40円でうどんが食べられます。次に利用制限が厳しくないことです。曜日や時間帯など利用制限を設けている場合があります。曜日では金・土・祝日前日が使えないこともありますが、休前日では使えなかったワタミ(7522)は、制限を無くしました。時間帯ではディナーのみ使用ができて、ランチでは使えない店もあります。また有効期限もチェックします。桐谷さんは多くの株主優待券を持っているので、有効期限が迫っているものを優先して使っています。多くの会社で年2回株主優待を出すので、期限は半年である可能性が高いです。年2回で有効期限が1年間であれば、2回分をまとめて使えるので贅沢な食事になります。ダイヤモンドダイニング(3073)のDDマイルでは、有効期限が最後に利用した日から1年間と永久的にマイルを貯められます。

投資家が選ぶ株主優待銘柄とは

配当だけではなく、金券や自社商品などをもらえる株主優待制度は個人投資家にとって、とても魅力的な制度です。中でも飲食店で自社食事券がもらえる株主優待は、家族みんなで気軽に使えるので人気が高いです。優待利回りが高く、お得で人気の飲食店株主優待を紹介します。
◯アトム:居酒屋、回転寿司などを展開するコロワイド傘下の外食チェーンです。コロワイドよりも手軽な資金で優待をもらえるのが魅力。権利取得日に向けてかなり割高になるので、2ヶ月前くらいから購入の検討をおすすめします。
◯テンポスバスターズ:中古厨房器具の販売を軸に、ステーキのあさくまなど飲食店も展開しています。年に一度ですが、かなり高額の食事券がもらえるので根強い人気があります。優待株にしては値動きがあらいので購入のタイミングには注意が必要です。
◯吉野家ホールディングス:言わずと知れた有名牛丼チェーン店。高価格帯の季節限定メニューが人気を呼んでいます。店舗が多いので身近で使い勝手がいいですね。一枚の単位が小さいので、ちょっと寄りたいときにも使いやすいです。
◯㈱ワイズテーブルコーポレーション:高級レストランを展開。本格的なナポリピッツァを食べれる「サルヴァトーレ クオモ」など、優待券でかなりリッチな体験ができるのが魅力です。
他にも、多くの外食チェーンでは食事券がもらえる株主優待を実施しています。個人投資家に人気が高い分、権利をとる月になると割高になる銘柄も多いので、購入するタイミングによっては株主優待券の額面以上に株価が値下がりして損をしてしまうこともありますので注意しましょう。基本的には安くなった時を見計らって「購入したら長期保有」が株価に一喜一憂することなく優待ライフを楽しむコツです。

株主優待を極める方法

お得な株主優待は多数ありますが、中でもお得なのがマクドナルドの株主優待です。例えば、マクドナルドの株を100株買うと、年に2回、「マックで使えるお食事券」毎回1冊がもらえます。2015年9月現在のマクドナルドの株価が2627円なので、投資に必要な資金は262,700円になります。これでもらえるこのお食事券、バーガー類・サイドメニュー・飲物という3種類を選ぶことができ、この1セットが6枚で1冊になっています。例えば、ビッグマックと、ポテトのL、コーラのLを注文すると、ビッグマックのLLセットと同じ金額になるので、地域により価格は異なりますが、ビッグマックセット620円+ポテトL50円+ドリンクL20円=690円の価値があります。これが6冊なので、4140円相当のものが食べられます。基本、ポテトもドリンクもLサイズを頼み、ハンバーガーも極力値段の高いものを選ぶとお得感が増します。また、必ずセットでなくては注文できない訳ではなく、ハンバーガー、ポテト、ドリンク、それぞれ単品での注文も可能です。権利が確定するのが6月と12月。確定前に購入し、確定後に売却するという、株主優待目当てで売買する人もいます。
300株なら3冊、500株なら5冊もらえます。お食事券には有効期限があるので、くれぐれも期限内に使い切るようにして下さい。大人数の家族でない場合、有効期限内に使えない可能性があるので、3冊程度が妥当です。勿論、株主優待とは別に配当金ももらえます。今どき、30万円弱を銀行やゆうちょの定期預金に預けてもたいした利子はつきません。配当金がもらえ、更にマクドナルドでおいしくハンバーガーのセットが食べられる、マクドナルドの株主優待はお得です。
■株初心者のための株入門サイト
株初心者はまずここを見ましょう
■投資顧問の全てがまるわかり
投資顧問のリアルタイム評価